PMS 治療

PMSはどこの病院で治療しているの?

イライラ、憂鬱、むくみや頭痛など、
PMSの症状に毎月悩まされている人は、我慢しないで
早めに何か対策を取ることが大切です。

 

PMSの治療をするためにはどこの病院に行けば良いのか
分からない、という人も多いはず。

 

 

PMSの診察、治療を行っているのは、
婦人科、産婦人科だけでなく、心療内科や精神科などでも行われています。

 

PMSの症状は、生理が始まる10日くらい前から起こり、
生理が始まると症状は次第に軽くなるのが特徴。

 

自分ではPMSが原因なのかはっきりと判断できないことが多いですから、
病院で診察してもらい、PMSかどうかをはっきりさせることが
まずは大切です。

 

 

婦人科などでは問診が行われ、PMSであると診断されたら、
低用量ピルや漢方薬などを用いた治療が行われます。

 

PMSの症状の中でも、うつ症状やイライラなどが強く出る場合には、
抗うつ剤や精神安定剤が処方されることもあります。

 

PMSの治療でよく利用されるのが低用量ピルで、
即効性があるのが魅力です。

 

服用を始めてから最初の生理までに効果が実感できる人が多く、
日常生活に支障をきたすほどに症状が重い人には、低用量ピルが薦められます。

 

PMSの治療は漢方でもできる?

PMSの治療では、漢方薬が利用されることも多いです。

 

PMS治療では、即効性のある低用量ピルが利用されることが多いですが、
吐き気や胸焼けなどの副作用が起こる可能性があります。

 

また、低用量ピルは、生理周期と女性ホルモンをコントロールして、
PMSの症状を緩和させる働きがある薬で、
同時に避妊薬でもあるので、妊娠を望んでいる方は避けたいものです。

 

 

漢方薬には、低用量ピルのような即効性は期待できませんが、
少しづつ体質改善しながら、PMSの症状を緩和させることができます。

 

PMSの症状は生理が始まる10日くらい前から始まるので、
それより数日前から、病院で処方された漢方薬を飲み始めます。

 

生理が始まったら、服用をお休みします。

 

PMSに有効な漢方薬は、桃核承気湯や、当帰芍薬散などがありますが、
人によって症状もさまざまなので、
自分にあった漢方薬を飲むことが大切です。

 

 

PMSの治療では、低用量ピルや漢方薬が治療に使用されますが、
病院に行く程でもない、行く時間がない、という方は、
PMS対策のサプリメントもおすすめです。

 

チェストツリーや月見草、プラセンタなどは、
PMSに有効とされる成分なので、
これらの成分が配合されたサプリメントを利用してみるのもおすすめです。

 

 

>>管理人オススメのPMSサプリ【体験レビューあり】

 

関連ページ

生理前に吐き気が起こる原因と対策
女性のミカタを販売店状況は?薬局買いに行ってみた結果…!薬局やドラッグストア以外にも通販でのお得な販売店はどこなのか調べてみました!PMSに悩む管理人の、女性のミカタの体験レポもあるのでぜひ見て行ってください。
生理前の肌荒れの対処法について
女性のミカタを販売店状況は?薬局買いに行ってみた結果…!薬局やドラッグストア以外にも通販でのお得な販売店はどこなのか調べてみました!PMSに悩む管理人の、女性のミカタの体験レポもあるのでぜひ見て行ってください。
内科でも診てもらえる?
女性のミカタを販売店状況は?薬局買いに行ってみた結果…!薬局やドラッグストア以外にも通販でのお得な販売店はどこなのか調べてみました!PMSに悩む管理人の、女性のミカタの体験レポもあるのでぜひ見て行ってください。